サカつくDS2010攻略サイト - サカツクDS 2010

サカつくDS2010攻略サイト
チームコスト
サカつくDS2010は、全作同様にチームコストという概念があります。
コストを超えて選手をメンバーに加えることができません。 チームコストの上限の増やし方などを掲載!

サカつくDS2010メニュー

ニュースや動画など

基礎知識

サカつくDS2010を遊ぶ上で覚えておくと役立つ情報

選手

国内・海外のスター選手や特殊なレア・レジェンド選手のボーナスコードなど

スキル

試合中使用することのできる選手スキルやチームスキル、監督アビリティなど

施設・建物

各種施設の効果やコンボ

試合・モード

カップ戦や特殊なリーグ戦、ツアー

お絵描き掲示板

お気軽にお絵描きしてくださいね!
サカつくDS2010お絵描き掲示板
お絵描き掲示板を見る

サカつくDS2010ランキング



サカつくDS2010攻略データベース
コストとは
コストは、全作のサカつくDSから登場した概念です。
サカつくDS2010では、選手ごとに○、☆、王冠の数が設定されています。
この○、☆、王冠の中の数字が選手のコストとなります。
コストが高い選手ほど、総合的に優れている選手ということになります。

レアリティ
コストを囲んでいるマークが選手のレアリティを示しています。
同じ選手でも、レアリティの違いで能力は異なるものもあります。
レアリティ○=ノーマル ○(ゴールド色)=エクストラ ☆=レア 王冠=レジェンドがあります。

レジェンドに向かうほど、入手しにくく、質の良い選手となっていきます。

チームメンバーに加えるには
チームコスト総数内に必ず収めなければなりません。
超えた場合は、コスト内の数字に調整しなければ編成を終了することはできません。

ゲーム開始当初のチームのコストは低いので、
もし仮に、スター選手を獲得できたとしても、チーム内に加えることは難しいです。


チームコスト・レア枠を増やすには
チームのコストを増やす方法はいくつあるのでご紹介します!
早めにコストを増やせばゲームは比較的楽に進めていくことができるでしょう。
下記は前作のものですが、参考になるかもしれないので掲載しておきます。
チームコスト
チームコストが上がる条件 コストアップ値  
選手数が22を越える +1  
J2に参戦する +3  
J1に参戦する +3  
J2リーグ戦で初優勝する +4  
J1リーグ戦で初優勝する +4  
ACLで優勝する +5  
各欧州リーグで優勝する +4  
ヨーロッパ
チャンピオンズリーグで優勝する
+3  
フレンドリーリーグ初優勝 +1  
10のカップ戦優勝 +1  
世界ランク160位以上 +2  
世界ランク140位以上 +1  
オフィスを増築する +1〜?  
チームコスト増加アイテム
を購入する
+1〜? イングランド、スペイン、イタリアの
いずれかにリーグ移籍した直後の
アイテム購入で販売されることがある
全選手コンプリート +5  
「Jリーグ」で国籍同じ選手でのチームコストコンボ
チームコストが上がる条件 コストアップ値  
イギリス3人 +3  
イタリア3人 +3  
スペイン3人 +3  
「イングランドリーグ」で国籍同じ選手でのチームコストコンボ
チームコストが上がる条件 コストアップ値  
日本6人 +4  
イギリス11人 +2  
イタリア6人 +3  
スペイン4人 +3  
「スペインリーグ」で国籍同じ選手でのチームコストコンボ
チームコストが上がる条件 コストアップ値  
日本4人 +3  
イギリス6人 +4  
イタリア4人 +3  
スペイン11人 +2  
「イタリアリーグ」で国籍同じ選手でのチームコストコンボ
チームコストが上がる条件 コストアップ値  
日本6人 +1  
イギリス4人 +3  
イタリア11人 +2  
スペイン6人 +4  
レア枠
同地域の選手ベンチ入りさせる レア枠1増加  
レア枠増加アイテムを購入する +1 Jリーグ制覇後、
イングランド、スペイン、イタリアの
いずれかにリーグ移籍した直後の
アイテム購入で販売されることがある
以下、未確認
選手スキルをコンプリートする    
チームスキルをコンプリートする    
選手名鑑Jリーグを
コンプリートする
   
予約受付開始!J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!7 EURO PLUS
サカつくDS ワールドチャレンジ2010 パーフェクトガイド
サカつくDS ワールドチャレンジ2010 特典:ラモス選手が獲得できるボーナスコード付き限定カード
サカつくDS ワールドチャレンジ2010プレイングマニュアル
Yahoo!ブックマークに登録
現在2人がブックマークして
下さっています。感謝!!